大工道具の話         建築用語集
鑿(のみ) 鋸(のこぎり) 鉋(かんな) 差金(さしがね) 墨壷(すみつぼ)
手斧(ちょうな) 玄翁(げんのう) 錐(きり) 砥石(といし) 罫引き(けひき)
大工道具・電動工具やインテリア洋品を探すなら TAKUMI Amazon

TAKUMI Amazonから、タクミ商店に使えそうな道具を集めてみました。


鉋(カンナ)の仕立て−台をつくる

1.鉋の仕立て−台をつくる
2.鉋の仕立て−刃をつける
3.鉋の仕立て−刃と台を合わせる
4.鉋の手入れ−刃線の維持

 鉋(カンナ)こそ使いこなしてみたい大工道具でしょう。道具は理屈だといいました。そこで、カンナの仕立てを書いていきます。このとおりにやっていけば、絶対にカンナが使えるようになります。気持ちいいカンナ屑をだしてください。
 
 買ってきたばかりのカンナは、左のような形をしています。このままでは使えません。カンナは台で削ると言っても過言ではありません。まず、台のほうから手を付けます。

.台の頭の部分を削ります。頭の両端は、刃を戻すときに玄翁で叩くので、どうしても台がつぶれていきます。そこで最初から丸めておけば、玄翁のあたる面積がふえて、台がつぶれなくなります。
 刃をだすときには刃の頭を叩き、戻すときには、台の頭の右か左をたたきます。台の真ん中を叩くと、台が割れる原因になるので、叩いてはいけません。

 台の頭を削ると、左図のようになります。
木を削るときには、台の頭に左手をかけますが、ここを削り取っておくと、力を入れて引いても手が痛くならないので、削っておくことをすすめます。

.台の頭と尻の矢印の部分に、油を塗ります。どんな油でもOKで、サラダ油でも自転車につかう油でもOKです。
 小口のここは、乾燥するとヒビが入りやすいので、よく油をしみこませて割れないようにするためと、カンナを引くときに摩擦を減らしよく滑るようにするために、油をしみこませるわけです。

 人によっては、刃をはずして、下の口にガムテープを貼って、そこに油をためて一晩おくといいます。翌朝には、矢印の部分から油が浸みだしているそうです。
 これは油台といって、台の滑りをよくするための処理です。試してみる価値はありますが、ボクはやったことはありません。
 
 台の頭を左で押さえ、右手で台をつかんで、カンナを引きます。このときに、右手がしっかりと台を握っていないと削れないわけで、1日中カンナを握っていると握力が落ちてきます。こうなっても削り続けるには、よく滑る台のほうが楽ですから、油台にするのでしょう。

.台の裏を見てください。一見すると平らに見えますが、完璧な平面ではありません。この裏面の作りが、カンナを削れるようにするミソです。
 刃の頭を叩いて、口の近くまでもってきます。(台尻から見ると、刃の出具合が判ります) ただし、ぎりぎりまで近づけるだけで、口から出さない位置で止めます。出てしまったら、頭を叩いてぎりぎりまで戻します。

 左の図のように、台の裏に定規を当てて、横から見てください。定規は竹やプラスティックの物差しでOKです。
すると、台の裏はけっして真っ平らではなく、すこし凹凸があることが判ります。裏全体を真っ平らに維持することは大変ですし、実は真っ平らでも削れないのです。

 第一段階として、を平行にします。
カンナの刃を引っ込めて、万力で台を上向きにくわえます。そして、口と台尻から、それぞれ1センチくらいのところに、鉛筆で線を引きます。この線を消さないように、カンナの裏を削ります。いいかえると、のあいだをスキ取るわけです。
 このときには、カンナの長手方向に削るのではなく、身近手方向に、つまり木目に直角に削ります。横擂り(よこずり)という削りかたで、少しずつ削り取っていきます。ときどき定規を当てて、様子を見ながら、0.5〜1ミリ程度の隙間ができるようになるまで、削り取っていきます。
 
 カンナの仕立てには、どうしても2台のカンナが必要です。できれば台直しカンナという、専用のカンナがあると申し分ない。また、定規は金属以外の直線状のものなら、何でも良いのですが、双葉定規という定規をつくるとなお良いでしょう。双葉定規は同じ定規が2枚あるので、下の平行の確認作業ができるのです。

.初心者のうちは、を平行にできれば充分です。これで気持ちよく削れます。も平行にしようとすると、かえって削りにくくなり、その大変さに音を上げるはずです。そこで、口からまでのあいだをスキ取ります。カンナ台を万力にくわえたまま、同じように横擂り(よこずり)していきます。
  上図のように定規を当てて、だけがついて、他の部分には隙間ができていれば完了です。

.カンナの下端が平行になったか、確認します。製図板のような平らな板のうえに、白い紙をおき、に相当する部分だけ、柔らかい鉛筆でよごします。そして、カンナの裏を紙にのせて、平行に動かして、こすって見ます。に満遍なく鉛筆が付けば、は平行でOKです。もし、どこか鉛筆がつかない部分があれば、鉛筆が付いている部分を削って、を平行にしていきます。以上の作業をくり返して、を完全に平行にしていきます。
.カンナで削れる幅は、刃の幅です。刃の幅以上は削れませんから、台の裏の両端は削る作業には無関係です。むしろ、摩擦だけ増やしますから、よけいな部分です。そこで、口の近くまでを取っておきます。ここは削る木に触れなければいいので、ゆるく面取りをしておけばいいでしょう。

 台をここまで作ったら、次は刃のほうです。

1.鉋の仕立て−台をつくる
2.鉋の仕立て−刃をつける
3.鉋の仕立て−刃と台を合わせる
4.鉋の手入れ−刃線の維持
大工道具の話の目次へ戻る