ハードとしての確実な家作り : 実践編 

 家の設計は済んでおり、設計図書は完備しているという前提で話をはじめます。

1.仮設工事    その1

 これから建物を建てる敷地に立ってあたりを見回すと、地面があるだけで現場はすこぶる殺風景です。
人の手になるものは何もなく、注意を引くような物は何も見えません。
しかし、それでも敷地を注意深く見ていると、地面の凹凸、地質など、いろいろなものが見えてきます。


 建築工事をするにあたって、敷地に関して確認しておくことが、いくつかあります。
なかでも、まず敷地の境界は必見です。
境界標をよく確認して、敷地の輪郭を明確にイメージします。
もし、隣地境界線がはっきりしていなければ、隣地の所有者(隣地が道路の場合は、道路管理者)と相談する必要があります。
ここでは、敷地境界は確定しているものとして、話を始めます。

 今は、敷地のどこに建物を配置したら良いか、さまざまに想像をめぐらす、楽しい一刻でもあります。
あのへんが居間で、ここらあたりに玄関がくるのかな。
敷地のすみからすみまで何度も、歩いてみるべきでしょう。
土が堅いとか、草が多いとか、北の角は水はけが悪そうだとか、足の裏から、地面の情報がたくさん伝わってきます。
何度でも現場を歩くことは、とても大切なことです。


 図面に示された建物が、敷地におさまるか、どの場所に位置させたら良いか。
すでに配置図で示されていることを、もう一度検討します。
もし設計図ができていなければ、設計の段階に戻って下さい。
設計は<考える家>参照です。

 建物のおおよその輪郭を、地面の上にビニールのヒモで形どってみます。
これを<地縄(じなわ)をはる>と言いますが、これで敷地内に建物がうまくおさまるなら上首尾です。
おさまらなければ、建物を小さくするとか、隣地を借りるとかの手配が必要になります。
つまり、設計段階へと逆戻りというわけです。
敷地に建物が入らないなどという、あってはならないことも、世の中には時として発生することもあるようです。


 ここでもう一度、道路や隣地との関係を確認してみましょう。
道路や隣地とあなたの敷地は、必ずしも同じ高さとは限りません。
敷地の方が高ければ良いのですが、反対に道路や隣地の方が高いようだと、雨が敷地に流れ込んでしまいますから何らかの手だてが必要です。
隣地とのあいだに高低差がある場合も、流れる雨水は自分の敷地内で処理すべきですから、それなりの工作が必要です。

 敷地より前面道路が高ければ、基礎を高くして建物を上げるとかしますが、高さの調整は設計段階で終わっているはずです。
もし敷地のほうが低ければ、設計図にしたがって土を入れるなどの処置を講じます。
施工とは設計で決めたことを実現するものですから、高さの調整をここでやることはできません。
建物は水平方向にも垂直方向にも納まるとして、話をすすめていきます。

 家が敷地におさまるとして、次ぎに、家の高さの基準=BMを決めます。
これから家が完成するまでのあいだ、いつもこの高さを基準にするという、高さの仮定点を設定します。
敷地面は平坦とは限りませんから、通常は前面道路のもっとも高いところを基準に考えます。
また、マンホールなどがあればその中心とか、縁石のL型のある場所とか、判りやすい場所を決めます。

 現実のBM(ベンチマーク)とは、電信柱やコンクリートの塀などにつけた印にすぎません。
そして、設計図の上の地盤線=GLを、ベンチマークからの高さとして計算します。
床の高さは、GL+○○センチと設計図の上にかかれていますから、BMとGLの関係を決めることによって、床の高さが確定するわけです。
BMの設定とは、建物全体の高さの設定ですから、非常に重要です。


次へ進む          目次へ戻る

「タクミ ホームズ」も参照下さい