中高年の方へ   
住宅リフォーム 介護住宅改修 増改築 新 築 予算のたてかた 設計の手順
測量・登記 耐震診断 中高年の方に セルフ・ビルド 建築読み物 タクミ ホームズ
大工道具・電動工具やインテリア洋品を探すなら TAKUMI Amazon
中高年の方が、リフォームや増改築を計画する時には、
次の2つのケースがあります。
@ 肉体の衰えにそなえて、老後のための改修をする。
A 老後にそなえて、子供などと住むための2世帯住宅にする。


@ であれば、大賛成です。
家を小さくする、断熱工事をする、風呂場を改修する、手すりをつけるなどなど、
そのためのノウハウを「タクミ ホームズ」が提供しますので、
本サイトを隅から隅までお読み下さい。
しかし、
A の2世帯住宅への改修には、大反対します。
以下が反対する理由です。
@  戦後、家族の形は小さくなることこそあれ、大きくなっては来ませんでした。あなたの家族だけが、例外である理由は何でしょうか。中山二基子さんの「『老い』に備える」を参照ください。
A  2世帯住宅は、土地やお金のない若い世代と、寂しくなりがちな老世代をむすびつけ、大きな建築費をかせごうとしたハウス・メーカーの策略ではないでしょうか。
B  親子2人だけで、相続人が1人だけなら同居も良いでしょう。しかし、配偶者がいたりすれば、家族関係はなかなかに複雑です。2世帯住宅というハードは、家族関係というソフトを支えません。

反対ばかりでは、あなたも途方に暮れるでしょう。
そこで、「タクミ ホームズ」が参考例を提示します。
これは<離れ>の思想でしょうか。

 K 団地
 仲の良い5つの家族でありながら、彼らは決して同居しようとしなかった。

広告

「タクミ ホームズ」のトップへ戻る