耐震診断   
住宅リフォーム 介護住宅改修 増改築 新 築 予算のたてかた 設計の手順
測量・登記 耐震診断 中高年の方に セルフ・ビルド 建築読み物 タクミ ホームズ
大工道具・電動工具やインテリア洋品を探すなら TAKUMI Amazon
木造2階建て住宅の耐震診断なら、5万円程度でおこないます。
しかし
100万円程度のお金が用意できないなら、診断はお薦めしません。
その理由は、下記のとおりです。

耐震診断をおこなって、危険な建物だと、診断されたらどうするのでしょうか。
何のために耐震診断をおこなうのかといえば、
それはもちろん、地震がきても倒壊しない建物にするためです。

耐震診断をおこなう建物は、おおむね古い建物ですから、

多くは耐震補強が必要になります。
この耐震補強には、かなりのお金がかかります。
危険だと判定されても、お金がなくて補強できない!
これではむしろ精神安定上よろしくありません。

たとえ耐震診断が無料だとしても、危険だとわかった建物に住めますか?
ですから、「タクミ ホームズ」では、まず工事費を用意してから、
耐震診断することをすすめます。

補強工事費用のメドが立たない場合には、
家具などを固定したりして、建物が倒壊しても生存できるようにすべきです。
(これには大した費用がかからない)

いまの木造住宅は、なかなか壊れません。
傾いたり、一部が壊れることはあっても、
ペチャンコに全壊することは、きわめてマレです。
そのうえ耐震補強をしても、大地震で半壊しない保証はありません。
ですから、大地震にそなえて、水や食料を備蓄をするとか、
避難訓練をするといった、
手軽にできるソフト面の対策を充実させるべきでしょう。

なお各自治体では、無料で耐震診断をおこなっている例もあります。
また各自治体には、耐震補強のための融資制度もありますから、
区役所や市町村役場などに、ご相談ください。
神奈川県の場合は、ここをクリック。

なぜ、耐震診断で<NG>がでる可能性が高いか
@  1981年に耐震設計基準が、大きく改正されました。ぞくに新耐震とよばれるこの新基準は、それ以前に建築された建物を、ほぼすべて基準以下と見なすほど厳しいものでした。もちろん現在も、この基準が適用されています。ですから、新耐震で耐震診断をすれば、古い建物はほぼすべてが「危険」という結果になります。
A  耐震診断の多くは、うえの木造部分だけを診断し、基礎を判断しません。しかし、建物が地面と接続しているのは基礎です。この基礎に鉄筋が入っていなかったり、入っていてもごく僅かだったりすれば、上の建物は基準を満たしても、意味のない話になります。しかも、基礎の補強が至難の業だとは、簡単に想像がつくでしょう。
 

広告
「タクミ ホームズ」のトップへ戻る