サーファー プロジェクト      建築用語集
No.00 問い合わせがあった No.01 敷地の状況 No.02 設計依頼と試案提示 No.03 試案の提示−その2
No.04 定例の打合せ No.05 天井と室内仕上げ No.06 仕上げ、地盤 No.07 地盤と基礎
No.08 床下の話 No.09 無垢材か集成材か No.10 建築確認申請 No.11 見積と施工者
No.12 請負契約と銀行 No.13 着工した No.14 プレカット No.15 根切り開始
No.16 コンクリート打設 No.17 基礎とヘルスコート No.18 上棟前の仕事 No.19 上棟した
No.20 屋根と筋違 No.21 中間検査 No.22 現場の年納め No.23 新年を迎えて
No.24 細かいところ−T No.25 細かいところ−U No.26 細かいところ−V No.27 細かいところ−W
No.28 階段と屋根際 No.29 建て主の参加 No.30 ほぼ完成 No.31 最後の仕事
No.32 引渡し No.33 6ヶ月点検
建築主さんのブログ<junjun>へ

大工道具・電動工具やインテリア洋品を探すなら TAKUMI Amazon
TAKUMI Amazonから、タクミ商店に使えそうな道具を集めてみました。

No.00 問い合わせがあった

 最近、30才くらいのご夫婦から問い合わせのメールをいただいた。
それには、次のように書かれていた。

−予算は税込み1500万円以内で、地質調査・地盤改良・設計、登記等、水道、ガス、等の加入金等・外構等を含む代金です。
 基礎、構造はしっかりとしたもの。間取りは広いリビングダイニングと主寝室〜、自然素材を取り入れた家が良いです。(まだまだ続く)−

 この予算では、建築本体にまわせる金額は、1200万円だろう。
子供は2人欲しいという。
とすれば、家族4人×7坪/人で、28坪から30坪くらいの家になる。30坪として、1200万円を割ってみると、40万円である。

 現場で会ってみると、とても感じのいい若者たちだった。
サーファーだという。
しかし、この予算に納められるか自信がなくて、その場では確答ができなかった。
事務所にもどって、考えたみた。

 事務所を始めたばかりの頃、800万円のコンクリート住宅を建てたり、1200万円で鉄筋の3階建てを建てたり、坪30万円の木造住宅を建てたりしていた。
こちらも若かったが、依頼者も若かった。みんなお金がなかった。
でも、熱意だけはあった。

 いつの間にか、事務所の仕事も、坪50万円、いや坪60万円が当たり前になっていた。
かんたんに検討してみると、坪40万円でもいけそうである。
メールをくれた若者は、初心を思い起こさせてくれた。
住宅展示場にあるような家ではなく、生活を入れる箱を作るのだ。
しかも、その人のためだけの…。

 まだ正式な依頼はないが、事務所を開いた初心を思い出させてくれて、ほんとうに有り難かった。
大丈夫、1200万円でできます。
(2009.06.06)

 1200万円の住宅建築は、6月の半ばに着手金とともに正式な依頼があった。
そして、依頼から10日くらいたった6月末に、建築計画を提示した。
これから、設計がどう進み、どんな打合せが行われているのか、書いています。
設計から着工そして、完成・引っ越しと続きますので、読んでみてください。
(2009.08.13)


次へ
〈タクミホームズ〉のトップへ戻る